シディピNavi

定義から各社の違いまで

カスタマーデータプラットフォーム
CDPツールのすべてを
べて知る
べて理解する

3rdパーティーCookieの段階的な廃止により、注目度が高まってきているのが1stパーティーデータを活用できるCDP(カスタマーデータプラットフォーム)ツール。このサイトでは、CDPツールと他ツール(MA、BI、CRM等)との違い、各社のCDPツールの違いを比較しながら解説します。

INDEX
目次

要望別に比較
CDPツールおすすめ4選

ここでは、「連携・活用のしやすさ」「導入率・シェア率の高さ」「費用の安さ・低コスト」「サポートの充実度」
という4つの要望別にそれぞれおすすめのCDPツールを厳選。
自社が抱えている課題感に合うCDPツールを探してみてください。

※2023年5月8日調査時点で、「CDPツール」とGoogle検索し表示されるCDPツール上位20社のうち、導入実績や実例を公式サイトに掲載している製品をピックアップ。そのなかで、公式HPで確認できる情報をもとに以下の条件で要望別に各ツールを選定しています。
■連携・活用のしやすさ=Tealium(統合可能なシステムが最も豊富だったため)
■導入率・シェア率の高さ=TreasureData CDP(導入実績が最も豊富だったため)
■費用の安さ・低コスト=goline CDP(初期費用・月額費用が最も低かったため)
■サポートの充実度=Rtoaster insight+(対応満足度が最も高かったため)

イラストアイコン 連携・活用のしやすさで選ぶなら

Tealium(ティーリアム)

  • 統合可能なシステムが1300以上
  • SQL不要で直感的に操作できる

※参照元:Tealium 公式HP(https://tealium.com/ja/

Tealium公式サイト

引用元:Tealium公式サイト (https://tealium.com/ja/)

Tealiumは他ツールと何が違う?

高度なカスタマイズ設定も用意

一般的なCDPツールの連携可能なシステム数は10~100程度ですが、Tealiumは1,300以上のシステムとの連携機能を標準で搭載。Facebook、Amazon、Twitter、LinkedIn、Google Plusなどの主要なコミュニケーションツールはもちろん、企業がすでに利用しているシステムと迅速かつ効率的に接続できるので、これまで集めたデータをストレスなく最大限に活用できます。

専門知識を持たないユーザー用には使いやすい事前設定済みのターンキー統合を、開発者向けには高度なカスタマイズを可能にするオプションなども用意。1stパーティデータを自社の目的にあわせて利用できます。

バッチ処理不要で高度なリアルタイム性

通常データベースを操作・加工する場合は、データベース言語のSQL(Structured Query Language)が不可欠ですが、エンジニアはもとより「SQLを書けるマーケター」はそう多くないでしょう。

Tealiumなら、SQL不要かつGUI上でマウスなどを使って直感的に操作することが可能。SQLやバッチ処理による集計が必要な従来型のCDPとは異なり、常にデータが収集・標準化され、ユーザーのアクションに合わせた情報がリアルタイムにアップデートされていきます。顧客1人ひとりの購買行動を見逃さない、まさに「One to Oneマーケティング」を実現するツールと言えるでしょう。

連携可能な主なシステム・ツール

  • Facebook Conversions API
  • Amazon EventBridge
  • Google Ads Enhanced Conversions API
  • Braze
  • Twitter Campaigns
  • LINE
  • TikTok Offline Conversions
  • meta
  • Clothes Horse
  • Adobe

Tealiumの主な導入事例

コンバージョン率が
10倍に増加

人物イラスト

金融業
山形銀行

山形銀行では、One to One マーケティングの実現に向けてTealiumの「Tealium Customer Data Hub」を導入しました。従来、紙のダイレクトメール(DM)やWeb広告で行ってきた顧客獲得施策をSMSで行い、開封した顧客のアクションをリアルタイムに追跡。最終段階の申込みページから離脱した顧客にコールセンターからフォローを行ったところ、コンバージョン率が10倍に増加しました。

参照元:Tealium 公式HP(https://tealium.com/ja/resources/?resource_type=case-study)

自社AIとの組み合わせで
さらなる活用を

人物イラスト

電気通信業
日本電気株式会社(NEC)

従来の施策に課題を感じていた日本電気株式会社(NEC)でしたが、Tealium Customer Data Hubを導入することで、効果的な広告施策を実施できるようになりました。また、あらかじめ確度の高いお客様へ効率的に訪問できるため、営業の手間やコストも削減。今後も、Tealiumを中心に構築したシステムに自社AIを組み込むなど、活用をさらに進め、デジタルマーケティングを加速化させようと考えています。

参照元:Tealium 公式HP(https://tealium.com/ja/resources/?resource_type=case-study)

すべて表示する

刻々と状況が変化するお客様を適切にもてなす

人物イラスト

運輸業
全日空空輸株式会社

お客さまに上質な「おもてなし」のような体験を提供するため、Tealiumのリアルタイム顧客データプラットフォーム「Customer Data Hub(ユニバーサルデータハブ)」を導入。ツールごとに分散するマーケティングデータの連携と統合を強化しました。顧客の行動をリアルタイムで捉えながら、シーンに応じて最適なチャネルから最適なタイミングでコミュニケーションが行える体制を構築しています。

参照元:Tealium 公式HP (https://tealium.com/ja/resources/?resource_type=case-study)

Tealiumの会社情報

社名
ティーリアム ジャパン株式会社
本社所在地
東京都港区北青山2-14-4 The ARGYLE aoyama 6F
電話番号
050-1746-5130
公式HP
https://tealium.com/ja/
イラストアイコン 導入率・シェア率の高さで選ぶなら

TreasureData CDP
(トレジャーデータ)

  • 業界を問わず400社以上が導入※
  • 市場シェア率は約40%

※参照元:TreasureData CDP公式HP
https://www.treasuredata.co.jp/why-treasure-data/
※2023年5月8日調査時点

TreasureData CDP公式サイトキャプチャ

引用元:TreasureData CDP公式サイト(https://www.treasuredata.co.jp/)

TreasureData CDPは他ツールと何が違う?

国内外の大手企業を中心に豊富な実績

TreasureData CDPは、企業がすべての顧客データをフルに活用して、顧客の満足度向上や業務効率の改善、プライバシーリスクの低減などを実現できるよう構築されたプラットフォームです。

特筆すべきは、豊富な導入実績。販売チャネルごとに顧客データが散在しがちな小売・アパレル業界をはじめ、優れたサービスや顧客体験を提供したい自動車業界、膨大なデータが収集・保管されている製薬業界など、国内外の大手企業を中心に、400社以上(※1)で導入されています。 また、「IFrost & SullivanグローバルCDPカンパニー・オブ・ザ・イヤー」など受賞歴も豊富(※2)で、国内外で高く評価されています。

※1参照元:TreasureData CDP公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/why-treasure-data/)※2023年5月8日調査時点

※2参照元:TreasureData CDP公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/why-treasure-data/)※2023年5月8日調査時点

理解度を深めるセミナーや相談ルームも

国内CDP市場ベンダー別売上金額シェアでは、2017年から2022年度の6年連続で第1位を獲得(※)。2022年度は41.8%と、非常に高い市場シェアを占めています。

国内でも類をみない、豊富なノウハウに基づいたサポート体制も魅力的。ツールの使い方に関するサポートドキュメントやソリューション・ライブラリは日本語・英語・韓国語で提供。CDPについての理解を深められるセミナーの開催や、導入相談ルームの設置なども積極的に行っています。 いずれも、顧客データ活用のエキスパートが、豊富な経験と専門知識でサポートしてくれるので、データ活用に初めて取り組む企業も安心です。

※参照元:TreasureData CDP公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/press_release_jp/20230216_itr/)※2023年5月8日調査時点

連携可能な主なシステム・ツール

  • Google Analytics
  • Informatica Information Cloud
  • Amplitude
  • AppAnnie
  • Tableau
  • Magento
  • Shopify
  • bombora
  • Jira
  • Zendesk

TreasureData CDPの主な導入事例

顧客データの一元管理で深い施策が可能に

人物イラスト

車販売業
ボルボ・カー・ジャパン株式会社

あらゆるタッチポイントで顧客にプレミアム感を感じてもらい、ロイヤルティを高める施策を進めていたボルボ・カー・ジャパン株式会社。CRMやMAツールを導入したものの、データをきちんと紐付けて整理できていないという課題を抱えていました。「Treasure Data CDP」の導入で顧客データを一元管理できるようになり、データに裏打ちされた深い施策が可能に。低いコストでリードを獲得することに成功しています。

参照元:TreasureData CDP 公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/customers/)

環境を整え、課題解決のスピードを高める

人物イラスト

メディア・通信業
レバレジーズ株式会社

“人材×メディア”を軸に、多岐にわたる事業を展開しているレバレジーズ株式会社。サービスのデータが分散し、社内の意思決定に上手く活用できていないという問題があったため、Treasure Data CDPを導入し、データ管理を一元化。データ管理の方法を見直し、経営幹部、マーケティング担当や責任者だけでなくエンジニアやデザイナーなどみんなが同じ課題と向き合える環境を作ることで、課題解決のスピードを高めようとしています。

参照元:TreasureData CDP 公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/customers/)

すべて表示する

それぞれのチャネルで収集されるデータを統合

人物イラスト

小売業
株式会社ユナイテッドアローズ

テユナイテッドアローズでは、会員属性と購買データだけでなく、Webサイトの閲覧ログデータも取得するため「TREASURE CDP」とスマートフォン用アプリの分析ツール「Repro」を導入。アプリ、Web、店舗での購買などそれぞれのチャネルで収集されるデータを統合し、お客様理解をより深めることが一気通貫で可能になりました。リアルな接客と同じようにデジタルでも顧客理解ができるよう、さまざまな試みを行っています。

参照元:TreasureData CDP 公式HP(https://www.treasuredata.co.jp/customers/)

TreasureData CDPの会社情報

社名
トレジャーデータ株式会社
本社所在地
東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント 19F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://www.treasuredata.co.jp
イラストアイコン 費用の安さ・低コストで選ぶなら

goline CDP(ゴーライン)

  • 初期費用は0円で導入が可能
  • 月額費用は30万円~

※参照元:goline CDP公式サイト(https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/

goline CDP式サイトキャプチャ

引用元:goline CDP公式サイト(https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/)

goline CDPは他ツールと何が違う?

コスト意識が高い企業におすすめ

goline CDPは、オンライン・オフラインを問わずさまざまなデータを統合し、マーケティング活動の効果最大化をサポートしてくれるリアルタイムマーケティングオートメーションです。

ハッシュ・暗号化機能や結合・グループ化機能、カラム変換機能、HTTP/HTTPS連携機能、文字列変換機能など多彩な機能を備えており、データの抽出・変換・連携処理を簡単に行うことができます。何より魅力的なのが、初期費用0円でスタートできること。高額な費用や費用対効果を懸念して導入を迷っている企業も安心して利用することができます。

エンジニアの工数削減にも寄与できる

簡単な操作でデータ連携ができるため、非エンジニアでも環境整備を進めることが可能。リーズナブルな月額費用だけでなく、エンジニアの工数削減や、運用コストや人件費、データソース/APIの追加・削除、加工処理といった構築費なども削減することができます。

さらに、Google Cloud Platformと同水準のネットワークセキュリティを実現するなど、セキュリティ体制が整っている点もポイント。データの取得は暗号化された通信で行う他、データ処理はGCP内の閉じたネットワーク内で行うなど、さまざまな安全対策がとられているので安心です。

連携可能な主なシステム・ツール

  • Google Spreadsheet
  • Amazon EventBridge
  • MySQL
  • kintone
  • jira software
  • Marketo
  • Salesforce
  • Google Ads
  • Facebook.Ads

goline CDPの主な導入事例

カードの申し込み施策に活用

人物イラスト

金融業
オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)

大手信販会社のオリコにて、クレジットカード申込および発券施策として導入されました。

参照元:goline CDP公式HP (https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/)

顧客への情報発信のために導入

人物イラスト

金融・保険業
第一生命保険株式会社

第一生命にて、見積りや相談の申し込み、キャンペーン情報の配信等の利用のため導入されました。

参照元:goline CDP公式HP (https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/)

goline CDPの会社情報

社名
デジマール株式会社
本社所在地
東京都品川区西五反田3ー16ー12
電話番号
03-6910-4770
公式HP
https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/
イラストアイコン サポートの充実度で選ぶなら

Rtoaster insight+
(アールトースター・インサイト・プラス)

  • 対応満足度は98.6%※
  • 導入支援プログラムあり

※参照元:Rtoaster insight+公式HP
https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/)※2023年5月8日調査時点

Rtoaster insight+公式サイトキャプチャ

引用元:Rtoaster insight+公式サイト(https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/)

Rtoaster insight+は他ツールと何が違う?

小売・通販、アパレルを中心に高い対応満足度

Rtoaster insight+は、会員属性データやWebログ、アプリログ、広告データ、アンケートデータなど多種多様なデータを収集・統合し、データマーケティングを実現するCDPです。インフラには「Google BigQuery」を採用しており、多種多様かつ大量のデータをスピーディーに処理することができます。 小売・通販、アパレルを中心にさまざまな業界・業態で導入実績豊富。対応満足度98.6%※の導入・運用サポートにも定評があります。

※参照元:Rtoaster insight+公式HP(https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/

経験豊富なコンサルタントが適切なプランを提案

成果につながる施策実行のノウハウを詰め込んだ「導入・定着支援プログラム」を提供している点も魅力です。 経験豊富なコンサルタントが丁寧なヒアリングの上で適切なプランを提案してくれるのはもちろん、資料作成から対面プレゼンテーション・製品デモなど、社内提案・上申をスムーズに進めるための準備までサポート。導入後も定着化・内製化支援まで行い、「せっかく導入したのに使いこなせなかった」とならないようサポートしてくれます。

連携可能な主なシステム・ツール

  • Amazon S3
  • Google Cloud Storage
  • Probance
  • AudienceOne
  • Intimate Merger
  • Adobe Marketo Engage
  • Tableau
  • exQuick
  • trocco
  • ポップリンク

Rtoaster insight+の主な導入事例

顧客単価や回遊率の向上に貢献

人物イラスト

化粧品・コスメ・健康食品・美容
株式会社ファンケル

自社ECサイト「ファンケルオンライン」にて、最適なコンテンツをお客様にパーソナライズしておすすめするレコメンドの仕組みとして、2009年から「Rtoaster」を導入。現在はデータ活用の取り組みをさらに進めており、関連サービスの「FANCL CLIP」なども含めてRtoasterでさまざまな施策に取り組んでいます。その結果、顧客単価の向上や、サイト内の回遊率アップなど、多くの成果を得ているそうです。

参照元:Rtoaster insight+公式HP (https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/case/)

コンシェルジュのような接客を目指して

人物イラスト

旅行業
ゆこゆこホールディングス株式会社

温泉旅館・ホテル予約サイト「ゆこゆこネット」を運営するゆこゆこホールディングス株式会社では、Webを中心にゆこゆこならではの「おもてなし」を実現するため、Rtoasterを導入。 お客様のサイト内での行動をもとにおすすめの「温泉地」「宿泊施設」をレコメンドすることで、CVRが2.5倍に向上しました。 また、これまでゆこゆこが培ったノウハウをRtoasterに組み込むことで、「温泉コンシェルジュ」のような接客を実現できるよう取り組んでいます。

参照元:Rtoaster insight+公式HP (https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/case/)

すべて表示する

回遊率が目標対比169%に

人物イラスト

小売業
西川株式会社

老舗寝具メーカーの西川では、サイトリニューアルに合わせてRtoasterを導入。「ショールームのような接客」を目指し、コラムコーナーや商品のレコメンド、ポップアップによるアンケートなど、回遊率を上げるような施策を実行したところ、回遊率が目標対比169%と、かなりの成果をあげることができました。 現在は、Rtoasterをハブにさまざまなデータを活用し、オムニチャネルの取り組みへ向けた試行錯誤を行っています。

参照元:Rtoaster insight+公式HP (https://www.brainpad.co.jp/rtoaster/case/)

Rtoaster insight+の会社情報

社名
株式会社ブレインパッド
本社所在地
東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
電話番号
03-6721-7001(代表)
公式HP
https://www.brainpad.co.jp

CDPツールとは?

CDPとは「Customer Data Platform(カスタマーデータプラットフォーム)の略で、米国CDPツール協会によれば「CDPツール」は下記のように定義されています。

  • パッケージソフトであること
  • 永続的で統合された顧客データベースであること
  • 他のシステムにアクセス可能であること

この3つの条件を噛み砕いて説明すると、下記のようなソフトウェアになります。

参照元:米国CDPツール協会
https://www.cdpinstitute.org/learning-center/what-is-a-cdp/

CDPツールとは?
オーダーメイドではなく、誰でもすぐに使える
CDPツールはオーダーメイドではなく、誰でもすぐに使える
一時的なものではなく、
長く顧客データを
一元管理できる
CDPツールは長く顧客データを一元管理できる
メールやSNS、
MAツールなどとも
連携できる
CDPツールは他のシステムにアクセス可能

CDPツールでできること
/主な機能

CDPツールでできること、それは… CX(顧客体験)向上をデジタルの力で解決する
例えば、こんな課題を解決できます
顧客離れを防ぎたい
困る男性のイラスト
リピーターが増えない
困る男性のイラスト
自社ブランドの価値を
高めたい
困る男性のイラスト

どれか一つでも当てはまるなら、
CDPツールの導入を本格的に検討してみてください。

では、実際にCDPツールで具体的に何ができるのでしょうか。
主な機能でいうと下記の4つになります。

CDPツールの機能:収集

データを収集する

自社の会員情報、Webログ、広告ログ、アンケートデータ、店舗への来店履歴、Webや店舗での購買履歴、実施した施策の反響データ、国勢調査をはじめ国や地方公共団体からの情報など、多種多様なルート・形式で保存されている情報を収集することができます。

CDPツールの機能:統合

データを統合する

拾い上げたデータをプラットフォーム上で顧客ごとに統合し、正しく分析できるように整えます。特徴的なのが、いわゆる「名寄せ」処理。重複・分散しているデータを同一の人物・企業と正しく紐付けて個別のIDを発行し、抜け漏れ・被りのない顧客リストが作成できます。

CDPツールの機能:分析

データを分析する

大量の顧客プロファイル(データ群)に対して、独自のルールやセグメントを設定して分析することが可能。「購入の可能性が高い顧客は誰か?」「リピーターになりえる属性は?」といったマーケティング施策に活かせる情報が得られます。AIや機械学習などの技術により、分析処理も高速化されています。

CDPツールの機能:支援

施策を支援する

分析結果をもとに、購入の可能性が高い顧客に対して、適切なタイミングで効率的なマーケティング施策を打つこともできます。MA(マーケティングオートメーション)ツールなどと連携して、自動的なメール送付や広告配信が可能。マーケターの負担を軽減するとともに、良質な顧客体験を実現してくれます。

アンケートから分析!
CDPツール選びで重要なポイントをチェック

CDPツールの導入のきっかけは?

アンケートによると、複数回答でも単一回答でも、「顧客データの一元管理」が最も多い回答で、それぞれ49.3%と21.5%でトップになりました。次に多い回答は「部門間の連携がしやすくなった」というもので、38.9%と15.9%の割合で挙がっています。

アンケート
引用元:Business Transformation
https://solution.toppan.co.jp/bx/contents/cdpdata_contents01.html

CDPツールで期待していたことは?

アンケート
引用元:Business Transformation
https://solution.toppan.co.jp/bx/contents/cdpdata_contents01.html

全体的に最も期待されている点は、「顧客データの一元管理」であり、全体の56.9%、特に期待していると答えた人の割合は22.6%でした。次に、「顧客の可視化」が49.9%で続き、「マーケティング施策の成果向上」も49.7%でほぼ同じくらいの関心を集めています。

CDPツールで評価したポイントは?

全体として最も多い回答は「活用できるデータが増えてきたので統合して活用する必要が出てきた」というもので、47.7%に上ります。続いて「データ量が増えてきて、基盤システムリプレースの必要が出てきた」と答えた割合は41.8%です。
これにより、多くの企業がデータの増加に対応し、CDPツールの導入を検討していることが明らかになりました。

アンケート
引用元:Business Transformation
https://solution.toppan.co.jp/bx/contents/cdpdata_contents01.html

CDPツールをどのように
活用したいですか?

アンケート
引用元:Business Transformation
https://solution.toppan.co.jp/bx/contents/cdpdata_contents01.html

CDP導入時に企業が最も活用したいと考えていたのは、データ分析と効果測定でした。この回答は、複数回答と単一回答を問わず、最も多くの支持を集め、「データ分析・効果測定」に関する期待が68.6%、42.8%という割合で示されています。

CDPツール導入で改善されたことは?

CDPの選定において最重要視されたポイントは、「システム(MA・BI・CRM等)連携のしやすさ」が61%で最も高かったです。続いて、「データ加工のしやすさ」が55.3%、「導入実績」が52.6%となっています。

アンケート
引用元:Business Transformation
https://solution.toppan.co.jp/bx/contents/cdpdata_contents02.html

比べて理解をさらに深める!CDPツールと他ツールとの違いは?

CDPツールと他ツールとの違いは?CDPツールと他ツールとの違いは?

CDPツールは
他とココが違う!

1stパーティーデータの活用で精度の高いマーケティングを実現

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)は、社内外に散在するさまざまなデータを収集・統合・分析できるツール。他ツールとの最大の違いは1stパーティーデータを取り扱いできる点で、3rdパーティーCookieの段階的な廃止(2024年予定)を受けて、注目度が高まっています

「顧客関係管理」のCRMと混同されがちですが、CDPのほうが取り扱えるデータが豊富なうえ、メール配信など顧客へのアプローチが限られるCRMと比べて、MAツールや各種広告と連携できるなど、マーケティング施策の効率化・最適化に向いているツールと言えます

DWH
(データウェアハウス)

大量のデータを保存できる、いわば「データの倉庫」。さまざまなシステムから集めたデータを時系列に並べ、管理することができます。 顧客ベースでデータの統合・分析ができるCDPとは異なり、あくまでデータを管理するためのツールであり、分析機能は搭載していません。

MA
(マーケティングオートメーション)

見込み客の獲得・育成から商談化まで、さまざまなフェーズの施策を自動化し、効率的なマーケティング活動をサポートしてくれるツール。データを収集・統合するような機能は基本的にはなく、設定された条件やセグメントによってメールやレポートの配信などの施策を実行します。

DMP
(データマネジメントプラットフォーム)

DWHのような大量の顧客データを収集できるうえ、簡易的な統合・分析機能も搭載。「プライベートDMP」と「パブリックDMP」の二種類があり、前者は自社の顧客データ(主に1stパーティーデータ)を取り使うことができ、後者は匿名の顧客データ(主に3rdパーティーデータ)の取得が可能です。

CRM
(カスタマーリテンションマネジメント)

顧客関係管理システムと言われるツールで、広義ではSFA(営業支援ツール)も含まれます。主に既存顧客のデータを収集・統合・分析を得意とする反面、メール配信やフォーム作成などマーケティング施策への支援は限定的。既存顧客の維持や満足度向上に向いていると言えるでしょう。

BI
(ビジネスインテリジェンス)

散在している社内データを統合・分析し、可視化するためのツール。データをレポート化したり、グラフなどにビジュアライズしたりすることで、ビジネスの重要な意思決定をサポートします。資料作成の時間を短縮化、リアルタイムでの分析が可能になるなど、幅広いメリットがあります。

CDPツールの選び方・
注意点

CDPツールは非常に便利なツールであると同時に、選ぶ基準を明確に定めておかないと、ツール選びに失敗してしまうことも…。
下記のように、導入にあたってどんな点を重視したいのかを明確にしておきましょう。

  • システムの連携・活用がスムーズなツールを導入したい
  • 実績のあるツールを導入したい
  • 価格の安いツールを導入したい
  • サポートが充実しているツールを導入したい
イメージ
特集

リアルタイムでシームレスな連携を実現
“顧客起点”の
コミュニケーションを叶える
TealiumのCDPツールとは?

公式サイトキャプチャ

引用元:Tealium公式サイト (https://tealium.com/ja/)

1秒以下でデータを処理して快適な顧客体験を支援

より上質な顧客体験を提供するために欠かせないのが、CDPの「リアルタイム性」です。顧客情報だけでなく、顧客の行動をリアルタイムに捉えて適切なサービスを提供することで、マーケティング効果を最大化することが可能です。 ここでは、Visitor Stitchingという特許技術により、リアルタイム性のある顧客体験を提供するCDPツール「Tealium」に注目。導入事例もピックアップしながら、その魅力をご紹介します。

CDPツール20社の
概要まとめ

ここでは主要なCDPツールをピックアップし、それぞれの特徴や概要をまとめました。

※2023年5月8日調査時点で、「CDPツール」とGoogle検索し表示される上位20CDP社のCDPツールを選定しています

イメージ

Tealium
(ティーリアム)

「リアルタイム性」に強みを持つカスタマーデータプラットフォームです。豊富な連携機能を提供しており、現在お使いのツールなどもそのまま利用して、顧客とのエンゲージメント向上や機会損失を防ぐことが可能です。

会社所在地
東京都港区北青山2-14-4
The ARGYLE aoyama 6F
電話番号
【日本支社】050-1746-5130
公式HP
https://tealium.com/ja/

TreasureData CDP
(トレジャーデータ)

国内外で高く評価され、導入実績が豊富なCDPツールです。販売チャネルごとに顧客データが散在しがちな小売・アパレル業界をはじめ、自動車業界や製薬業界など、大手企業で導入されています。

会社所在地
東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント 19F
電話番号
※公式HPに記載なし
公式HP
https://www.treasuredata.co.jp

b→dash
(ビーダッシュ)

操作性が高く、データの取込・加工・統合・抽出・活用などが簡単に行えるデータマーケティングツールです。多彩な機能や、業種業態にあわせた豊富なテンプレートを多く備えており、エンジニア不在でもデータの分析が行えます。

会社所在地
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル26F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://bdash-marketing.com/bdash-cdp/

goline CDP
(ゴーライン)

初期費用0円、月額費用30万円という価格が魅力のCDPツールです。Google Cloud Platformと同水準のネットワークセキュリティでデータの処理を行えるので安心。コストを抑えて導入したい企業におすすめです。

会社所在地
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
電話番号
03-6910-4770
公式HP
https://digimarl.com/service/solution/golinecdp/

Rtoaster insight+
(アールトースター・インサイト・プラス)

充実したサポートサービスが魅力のCDPツールです。経験豊富なコンサルタントが、導入はもちろん、お客さま企業内にノウハウが残るよう運用支援までトータルにサポートしてくれるので安心です。

会社所在地
東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
電話番号
03-6721-7001(代表)
公式HP
https://www.brainpad.co.jp

INTEGRAL-CORE
(インテグラルコア)

サイロ化したデータを統合し、一元管理できるツールです。超大量アクセス・超大量データ・高可用性のシステム構築を得意とする株式会社EVERRISEが開発しており、データの高速処理で顧客理解をサポートしてくれます。

会社所在地
東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木5F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://www.ever-rise.co.jp
すべて表示する

Sitecore CDP
(サイトコア)

テエミレーツ航空やセブパシフィック航空、アライド・アイリッシュ銀行、アイリッシュライフなど、世界中で導入実績が豊富なCDPツールです。データ管理機能やデシジョニング機能、予測型分析機能などを備えています。

会社所在地
東京都港区南青山2-11-16
電話番号
+1 855-SITECORE
(+1 855-748-3267)
公式HP
https://www.sitecore.com/ja-jp

カスタマーリングス

分析機能に強みを持つ、EC事業者やD2C/B2C事業者向けのマーケティングプラットフォームです。多彩な分析機能を備えている上、データ連携から加工までSQL不要で、誰もが使えるよう設計されています。

会社所在地
東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25F
電話番号
03-6432-4016(代表)
公式HP
https://www.pa-consul.co.jp

Adobe Real-Time CDP
(アドビ・リアルタイム)

世界的な大企業で導入実績豊富なCDPツールです。組織内のシステムから横断的にデータを収集し、統合顧客プロファイルを構築。大規模なパーソナライゼーションの推進をサポートしてくれます。

会社所在地
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
電話番号
03-5740-2400
公式HP
https://www.adobe.com/jp/

Flipdesk Data Union
(フリップ・データ・ユニオン)

CDPツール「Treasure Data」を基盤に開発された、CDPソリューションです。Web接客ツール「Flipdesk」やチャットポット「Cross Talk」で得られた行動データや対話ログも活用することができます。

会社所在地
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35F
電話番号
03-6869-5800
公式HP
https://flipdesk.jp

Salesforce CDP
(セールスフォース)

Salesforce社が提供する、リアルタイム性を備えた顧客データプラットフォームです。世界中の企業が導入しているなど実績豊富。ノウハウと技術を備えた担当者による導入サポートも魅力です。

会社所在地
東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー
電話番号
0120-733-257
公式HP
https://www.salesforce.com/jp/

MAGNET CDP
(マグネット)

ミニマムスタートが可能で、コストパフォーマンスが高いCDPツールです。デジタルマーケティングの総合支援カンパニーとして、CDPの導入についても、構築から戦略立案や施策実現までワンストップでサポートしてくれるので安心です。

会社所在地
東京都港区六本木3-4-35六本木三幸ビル6F
電話番号
03-6426-5541
公式HP
https://www.magnet-cdp.com/

Blue Base
(ブルー・ベース)

さまざまな顧客接点から発生するデータをもとに、分析やマーケティング施策が行えるID統合基盤です。データの連携性や品質管理に強みがあるので、ECサイトなどを運営している企業におすすめです。

会社所在地
東京都港区虎ノ門3-8-8 NTT虎ノ門ビル4F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://blue-base.jp/

Mobile Marketing Cloud
(モバイル・マーケティング・クラウド)

CM.com Japan 株式会社が提供する、メールやSMSの配信に特化したマーケティングツールです。CDP機能を有しており、CSVやEmail配信・SMS配信から顧客情報を取り込み、セグメンテーションが行えます。

会社所在地
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F
電話番号
03-6892-4177
公式HP
https://www.cm.com/ja-jp/

Quickwin CDP
(クイックウィン)

CDP活用の導入から定着までを後押しするコンサルティングサービスです。まずは簡易的にCDPを構築し、実際に活用してイメージが広がったところでカスタマイズを行いながら、定着化をサポートしてくれます。

会社所在地
東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー35F、39F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://paam.speee.jp/
quickwincdp

Sechstant CDP
(ゼクスタント)

実店舗とECのデータなどを横断的に分析し、LTV向上のための施策を実行できる総合的なマーケティングツールです。実用的なテンプレートが用意されており、専門知識がなくても、容易に扱うことができます。

会社所在地
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
電話番号
03-3486-2631
公式HP
https://sechstant.jp/

AIRIS
(アイリス)

人工知能/機械学習(AI/ML)技術を活用した次世代型の顧客データ基盤(CDP)です。高性能な機能を多数搭載し、データセキュリティを確保しながら、企業やマーケターの意思決定と施策実行をサポートしてくれます。

会社所在地
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー40F
電話番号
+81-3-6435-6617
公式HP
https://www.appier.com/ja-jp/products/airis

Google Cloud CDP
(グーグルクラウド)

さまざまなシステムと連携し、顧客全体を取り囲むデータを収集・管理・分析できるプラットフォームです。高度な技術を持つプロフェッショナル集団が、開発から導入、運用・保守までトータルに支援してくれます。

会社所在地
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7F
電話番号
0120-677-989
公式HP
https://cloudpack.jp/
lp/google-cdp/

altcircle
(オルトサークル)

導入コンサルティングからシステム構築、運用支援、アウトソーシングまでをワンストップで提供しているサービスです。「顧客接点」を高度化し、お客様の売上向上に貢献するため、併走型のサポートを行っています。

会社所在地
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
電話番号
03-5166-2500
公式HP
https://www.altcircle.jp/
service/data-platform

DATA LAB
(データラボ)

データマーケティングの専門家による並走支援が特徴のCDPツールです。9種類のダッシュボード料金が10,000円(税込)〜と手頃な価格も魅力的。コストを抑えてデータマーケティングを行いたい企業にピッタリです。

会社所在地
東京都千代田区外神田2-2-12 福井ビル5F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://data-lab.project-g.co.jp

coorum
(コーラム)

顧客をそれぞれ細かく分析し、「顧客単位」にてデータを集めることができるCDPツールです。顧客不在のマーケティングからの脱却を目指し、質の高いVoCの収集やファン育成、LTV最大化など、ワンランク上を目指すための機能が搭載されており、「顧客起点」のマーケティングをもたらします。

会社所在地
東京都品川区西五反田2-27番3号A-PLACE五反田ビル 8F/9F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://asobica.co.jp/

commmune
(コミューン)

分析・コミュニケーション・サポートがオールインワンとなったツールで、ユーザーが迷うことなく必要な情報にたどり着けるよう、コミュニケーションを集約。多くの機能が搭載されている点、自社サービス、APIとの連携も可能です。

会社所在地
東京都品川区西五反田4-31-18目黒テクノビル2F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://commmune.jp/

aimstar
(エイムスター)

AIが搭載されており、自己学習を行えるCDPツールです。AI以外にも多くの機能が搭載されており、いずれも「簡単に、効率的に、効果的に」をテーマに、手軽に使用できる環境が揃っているツールです。

会社所在地
東京都豊島区東池袋2-60-3 グレイスロータリービル7F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://aimstar.net/

KARTE Datahub

Google BigQueryとのシームレスな連携が可能なCDPツールです。外部サービスや外部製品に保管されているデータも統合可能で、点在しているデータを顧客を主軸にして紐づけられます。Salesforce Sales CloudやMicrosoft Power BIをはじめ、連携できるシステム・サービスが豊富です。

会社所在地
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://karte.io/

Twilio Segment

Webサイト・アプリ・デジタル広告など、さまざまなコミュニケーションから顧客データを収集し、包括的に顧客の全体像や顧客一人ひとりの購買履歴などを可視化できます。データを活用したパーソナライズなコミュニケーションで、顧客満足度の向上を目指せるのが特徴です。

会社所在地
東京都千代田区麹町6-6東急四谷ビル5-6階
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://www.twilio.com/ja/

activecore marketing cloud

業種や業態に合わせたプライベートDMP/CDPを構築してくれるため、自社に最適なマーケティングがすぐに始められます。時系列で「誰が」「いつ」「どこで」「何に反応して」「どうしたか」を把握し、顧客を基軸とした最適なマーケティング施策の自動実行が可能です。

会社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 8F
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://marketing.activecore.jp/

うちでのこづち

うちでのこづちは顧客分析をはじめCRM施策・効果検証まで対応できるソリューションです。CRM・マーケティングオートメーションとして活用できるツールであり、自動連携などの豊富な機能と手厚いサポートが強みです。

会社所在地
東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル8F
電話番号
03-6450-1077
公式HP
https://www.uchideno-kozuchi.com/

Reckoner

プログラミングが不要なツールとして使いやすさを追求しているReckonerは、他システムとも簡単に連携することができます。誰でも使いやすいソリューションであることから、データ加工・連携などをストレスフリーに行えます。

会社所在地
東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F
電話番号
03-4500-7378
公式HP
https://reckoner.io/

ustomer Frontline

クアルトリクスの提供するソリューション「Customer Frontline」は、プロセス・製品・デジタルなどといったさまざまな領域を包括的に改善して顧客生涯価値を高めます。重要なインサイトを現場にフィードバックするなど、さまざまなチャネルでのサポートを支援します。

会社所在地
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 37F
電話番号
記載なし
公式HP
https://www.qualtrics.com/jp/

D-Lenz

パッケージ型のSaaSサービスでありながら、カスタム可能領域が広く自社独自の環境構築ができる、SaaSとスクラッチ開発の良いとこ取りを実現したツールです。データ収集から統合、解析、施策まで一気通貫で対応可能。メール配信やLINE配信といった施策も充実しています。

会社所在地
東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://d-projects.e-agency.co.jp/

KiZUKAI

効果的なデータドリブンマーケティングを実施するために、適切な運用KPIの設定から導入後の運用まで徹底サポートしています。ターゲティング、アクション、効果検証などデータドリブンに必要不可欠な機能を備え、効果的なデータ活用を行います。

会社所在地
東京都新宿区四谷三栄町9-6 四谷三栄町スクエア2F
電話番号
03-6382-7320
公式HP
https://kizukai.com/

ONE’s Data

データ活用までを見越して、各チャネルにおいて最適なツール選定から導入設計までサポートしています。蓄積したデータを価値へ変換するため、専任アナリストによる分析支援も行います。さらにデータ蓄積期間は無料でサービス提供しています。

会社所在地
東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://onesdata.com/

DEVELTA

社内で分散し活用できていないデータを集約。分析した上で、レポートで可視化するツールです。簡単に活用しやすい情報にできます。担当業務に合わせてカスタマイズされた情報を提供してくれるため、きめ細かな顧客サポートが可能です。

会社所在地
東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー27F
電話番号
03-6863-5638(代表)
公式HP
https://www.tricorn.co.jp/

Oracle Unity

あらゆるチャネルのデータを統合して、顧客を50以上の属性に区分します。細かくパーソナライズすることで、最適な顧客体験の構築を実現。顧客を知り尽くして、最高のエクスペリエンスを合理的に導き出すツールです。

会社所在地
東京都港区北青山2-5-8
電話番号
03-6834-6666 (代表)
公式HP
https://www.oracle.com/jp/cx/customer-data-platform/

AIXON

AIを活用して顧客データを最大化することにより、ユーザー獲得を加速するツールです。顧客情報をAIで解析して将来的な行動予測を行うことが可能。データに基づくマーケティング戦略を立てることもできます。

会社所在地
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー40階
電話番号
公式HPに記載なし
公式HP
https://www.appier.com/ja-jp/

CONNECTY CDP

顧客との接点を生み出し、そこで収集したデータを集約や管理、分析することにより、マーケティング戦略を支援するためのツール。それぞれのお客さまのニーズに合わせられるようにいくつかのプランが用意されています。

会社所在地
東京都新宿区西新宿 2-1-1 新宿三井ビル16階
電話番号
03-6258-1250(代表)
公式HP
https://www.connecty.co.jp
業界別

CDPツールの活用事例

さまざまな業界で活用されているCDPツールですが、「自社でどう活用できるのかイメージが湧かない」という方もいるでしょう。ここでは、8つの業界での事例をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

製造業界・CDPツール事例

製造業界

製造業界でDXを進めるなら、まず組織全体でデータの利活用する環境を整えることが大切です。ここでは、日本電気株式会社(NEC)、パナソニック株式会社アプライアンスなどの導入事例をご紹介します。

小売業界・CDPツール事例

小売業界

小売業では、特にECサイトを運営している企業でのCDP活用に注目。実店舗とECサイトのデータを連係し、サービスに活用することで、効率的な店舗運営や顧客体験の向上などに期待することができます。

サービス業界・CDPツール事例

サービス業界

サービス業では、部門ごとや担当者ごとで、顧客データがサイロ化しているケースが少なくありません。CDPツールを活用することで、課題を解決し、顧客理解を深めることができるでしょう。

すべてを表示する
金融業界・CDPツール事例

金融業界

ここでは、山形銀行や株式会社ジェーシービー、コインチェック株式会社の事例をピックアップしています。CDPツールを活用してどのようにDXを進めているか、ぜひチェックしてみてください。

観光/旅行/ホテル業界・CDPツール事例

観光/旅行/ホテル業界

全日本空輸株式会社やゆこゆこホールディングス株式会社では、CDPツールを活用して、より高度な顧客体験を提供しています。事例をご紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

医療業界・CDPツール事例

医療業界

医療業界でCDPを導入することで、患者一人ひとりに焦点を当てた質の高い医療サービスを提供することが可能です。ここでは、パーソナライゼーションや生産性の向上を実現したProvidence Health&Servicesの事例をご紹介します。

保険業界・CDPツール事例

保険業界

販売チャネルが多岐に渡るため、膨大な顧客データが散在・サイロ化している保険業界。CDPツールを導入して、どんな成果を得ているのでしょうか。効率的に新規契約を獲得し、顧客との信頼関係を強化した3つの事例に注目です。

製薬業界・CDPツール事例

製薬業界

塩野義製薬、株式会社パイオラックスメディカルデバイス、三生医薬株式会社など、膨大な情報を保有している製薬会社での活用事例をご紹介します。CDPの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

基礎知識CDPツールとは

CDPとは、顧客一人ひとりの属性データや行動データを収集・統合し、分析するデータプラットフォームです。ここでは、デジタルマーケティングに必要不可欠なCDPツールについて、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

イメージ

MA(マーケティングオートメーション)
ツールとは何が違う?

MAツールとは、見込み客の情報を収集・管理し、マーケティングを自動化するツールのこと。CDPツールは、見込み客だけでなく、潜在顧客や既存顧客も含むすべての顧客データを処理するプラットフォームです。両者の違いとメリット・デメリットなどをご紹介します。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)
ツールとは何が違う?

DMPとCDPツールは同じデータプラットフォームですが、扱うデータの種類と目的が異なります。DMPツールでは、主にサードパーティデータを収集。CDPツールを補強し、デジタルマーケティングの精度を向上する役割を果たします。

CRM(カスタマーリテンションマネジメント)
ツールとは何が違う?

CRMツールは、既存顧客に関するデータの収集とアプローチを行うためのツールです。これに対してCDPツールは、潜在顧客や既存顧客も含むすべての顧客データを統合管理します。ここでは、両者の違いとメリット・デメリットなどについて解説します。

DWH(データウェアハウス)
ツールとは何が違う?

DWHツールもCDPツールもデータを収集して統合するためのプラットフォームですが、DWHの方がよりデータベースの機能に特化しています。ここでは、DWHツールとCDPツールの違い、DMPツールとの違いをご紹介します。

すべてを表示する

CDPツールで
どんな分析ができる?

CDPツールは、オンライン・オフラインに散在するさまざまな情報を収集・統合し、分析を行うことが可能です。では、CDPツールでどんな分析ができるのでしょうか?ここでは、事例も交えながら、CDPツールの分析機能について解説します。

CDPツールで
どんなデータを収集できる?

CDPツールで収集できるのは、企業と顧客との直接的な関わりによって得られたファーストパーティデータや、外部サービスによるサードパーティーデータです。こちらのページで、分かりやすくご紹介します。

CDPツールで
どんなチャネルと連携できる?

CDPツールでは一般的に、連携できるチャネルが多いほど多くのデータを収集できるといわれています。連携できるチャネルの種類や数は、製品によってさまざまです。CDPツールを選ぶ際は、ぜひチャネルの数や種類に注目してください。

CDPツールの
価格・相場は?

CDPツール導入にかかる費用相場は、2〜4千万円ほどです。非常に高額なため、費用対効果を懸念して導入を迷っている企業も多いようです。ここでは、CDPツールの導入にかかる費用について解説します。

ファーストパーティデータの
データ活用はなぜ重要?

ファーストパーディデータとは、「企業と顧客との直接的な関わりによって得られた顧客データ」のことです。近年、世界的なCookie(クッキー)規制の影響を受け、CDPツールによるファーストパーティデータ活用に注目が集まっています。

サードパーティクッキーの
廃止とその影響は?

3rdパーティCookieが廃止されることで、広告配信や顧客情報の取得が難しくなると言われています。ここでは、サードパーティクッキーの廃止と、その影響について分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

BIと
CDPの違いは?

CDPでデータを統合した後、そのデータを活用するときにおすすめのツールがBIです。データを加工して、分析、見やすい形にして提示します。事業の意思決定をサポートするツールです。CDPと連携することでデータの活用が強化されます。

CDPの選び方のポイント

CDPツール選びを行うにあたっては、それ単体ではなく全体感を踏まえて検討する必要があります。導入して集めたい情報・データは何か、既存ツール・システムとの連携がどうかなどを勘案してツール選びを行いましょう。

CDPの導入はスクラッチと
パッケージのどちらが良いの?

CDPツールの導入には自社開発を行うスクラッチとスタンドアローンのパッケージの2通りがあります。それぞれにメリット・デメリットがあることから、自社の導入目的や環境を踏まえて吟味したうえでツール選びを行う必要があります。

CDPツールを導入する
メリット・デメリット

CDPは顧客属性や行動データの収集・統合・分析を得意とするツールです。顧客それぞれに合わせた施策ができ、デジタルマーケティングにおいて高い有効性があります。ただしデメリットもあるため、導入前には良い点・悪い点含めて検討しましょう。

cookie廃止によるCDPの代替的な使用方法とは?

cookieの廃止によって予想される影響を軽減するためには、代替となるデータの取得が重要です。注目されているのがデータクリーンルームとファーストパーティデータの連携やゼロパーティデータ。顧客との信頼関係構築がポイントとなります。